群馬県指定天然記念物「金蔵寺のしだれザクラ」

 

見頃は4月上旬(毎年4/8前後が満開になります)

 

樹齢およそ400年の群馬県の天然記念物に指定されているしだれ桜です。

その昔はこの桜の花の時期をみて里芋の植え付け時期を知ったため『いも種ザクラ』と通称言われています。

 

●指 定 1952(昭和27)年11月11日

 

●所在地 渋川市金井甲1965 金蔵寺境内

 

●電 話 0279-23-9081

 

●交 通 関越自動車道渋川伊香保ICより約10分

 

●駐車場 あり(無料)

 

 

毎年見頃の4/8には、釈迦誕生日で旧本堂玄関にて甘茶が振る舞われます。

※2002(平成14)年11月~12月渋川市教育委員会(現渋川市教育委員会文化財保護課)より

 木の幹の処置(腐朽箇所除去、殺菌)、支柱設置、土壌改良作業が行われました。

 これ以後、お陰様でとっても元気になりました。

 

※2009年まで電線が3本横切っており東からの写真撮影に支障がありましたが、

 東京電力様のご協力(電柱移動工事2009年12月~2010年2月)により電柱移動し、

 その支障がなくなりました。ありがとうございました。

 

※2010(平成22)年3月渋川市教育委員会文化財保護課より剪定、殺菌作業が行われました。

 2~3年後には新しい枝が沢山増えて賑やかになるそうです。ありがとうございました。

 詳しい様子は《2010.3剪定作業》をご覧下さい。

 

※2016(平成28)年5月~8月樹木医さんよりコスカシバ予防の為消毒と枯れた枝除去作業。

 同年12月には栄養剤を打ち込んでいただきました。寺役員さんもお手伝いさせていただきました。

 この治療には渋川市教育委員会文化財保護課より大きな協力がありました。感謝です。